デンドロメータ

デンドロメータ

デンドロメータ とは

デンドロメータとは樹木の幹の生長量や生長速度を計測するセンサーです。メジャー式のように目視確認のタイプや
弊社で製造している電気式に二分されます。電気式では電圧や抵抗など、なんらかの電気信号を出力
できるので、任意の時間間隔で自動的に記録が可能で、同時に高い分解能が得られることが特徴です。
電気式はメジャー式のおおよそ1/1000の分解能が得られるため、生長量のみならず、水ポテンシャルや
樹液流などの時間変化(数分間隔~)が重要なパラメータに相関が得られるため、広範囲な解析が可能です。

比較表

種類 メジャー式 電気式
測定間隔 人力 自動で1秒~任意
分解能 0.1mm 0.1μm~数μm
MIJ-02 Rotary Type 3 幹周用デンドロメータ
非破壊対応型
対象:直径40mm 以上

特徴
・非破壊にも対応可能

・ワイヤー式を採用したことで装着直後から計測が可能

・設置時の初期テンションをかけることが更に簡単に

・測定レンジが30mmと広い

・出力はレシオメトリック。ポテンショメータそのものの温度特性を回避

・計測対象サイズは細いものは直径40mm以上の幹の計測が可能。

MIJ-02 Rotary Type II
幹周用デンドロメーター
対象:直径40mm~無限
MIJ-02LM TypeII
直動デンドロメーター 

対象:辺材(xylem), もしくは樹皮(bark)と形成層(cambium)の変位の計測に特化した設計
デンドロメーター デンドロメーター 樹皮・形成層

特徴

・ワイヤー式を採用したことで装着直後から計測が可能

・設置時の初期テンションをかけることが容易

・ワイヤーの配置を幹に近接(5mm)させ幹周の変化を絶対値で直接計測できる設計

・測定レンジが29mmと広い

・出力はレシオメトリック。ポテンショメータそのものの温度特性を回避

・計測対象サイズは細いものは直径40mm以上の幹の計測が可能。

特徴

・標準は幹を対象

・固定金具とバネレートのチューニングにより、細い枝、果樹、作物などに適用可能

・シャフトと固定釘の線熱膨張係数を相殺させる手法で、温度特性を極限まで低減

・出力はレシオメトリック。ポテンショメータそのものの温度特性を回避

・直動型ながらも防水とシャフトの静止摩擦と動摩擦の低減を両立

・摩擦が最小限のためバネ定数を低く設定可能

MIJ-02LMS TypeII
(ハンマーヘッド)

非破壊型直動デンドロメーター
対象:直径1.5mm~23mm
MIJ-02LMM
(アローヘッド)
非破壊型直動デンドロメーター

対象:直径18mm~50mm
デンドロメータ 茎・枝 デンドロメーター LMM

 特徴

・デンドロメーター:非破壊型

・高時間分解能、無人、高分解能で計測

・対象直径φ1.523mm

・出力はレシオメトリック。内部のポテンショメータの温度特性を回避

・摩擦が最小限のためバネ定数を低く設定可能。バネ常数は注文時に打合せ可。

 特徴

・デンドロメーター:非破壊型

・高時間分解能、無人、高分解能で計測

・対象直径φ18~50mm

・出力はレシオメトリック。内部のポテンショメータの温度特性を回避

・摩擦が最小限のためバネ定数を低く設定可能。バネ常数は注文時に打合せ可。