光合成有効放射センサー MIJ-14PAR弐型アンプ内蔵

光合成有効放射センサー MIJ-14PAR弐型 アンプ内蔵

特徴 

  • ・PTFE製R40の曲面を持つ大型拡散板により、±1.5%入射角特性エラー(0〜80°)を実現

  • ・オートゼロ回路でゼロ点は自動調整し、かつ常時計測値にフィードバック
  • ・Siフォトダイオード+フィルター群を使う場合の劣化問題を解消

  • ・全ての部品が分解可能で部分修理が可能なので長持ち(バルクヘッドコネクタは除く)
     
  • ・浸水の要因であるケーブル取出部はバルクヘッド防水コネクタを採用。

  • ・アンプ内蔵1mVDC at 1μEの出力で、暗い環境でも確度の高い計測が可能
    (暗い環境:
    樹冠内、日の出、日の入り時など)

Introduction

光合成は光が重要なパラメーターですが、クロロフィルの吸収波長に合わせた光の受光特性を持つセンサーが光量子センサーです。これを正しく計測するには、温度特性、入射角特性、波長特性が重要な事項となり、すべてにハイエンドな特性を持つのがMIJ-14です

水平基台を組込済。3つのネジで水平出し、2つのネジで固定可能

水平基台内部にモレキュラーシーブとシリカゲルを内蔵で交換容易

PAR Sensor MIJ-14 Type2専用マウント(オプション品)

MIJ-14 PARセンサー用マウントの販売を開始致しました。このマウントはポールにしっかり固定できるようにV溝を装備していますので安定感抜群です。また、アルベドの測定にも使用できるようにMIJ-14PARセンサーはマウント上下に設置可能です。MIJ-14PARのみだけでなくMIJ-15LAI/K2も固定できるように部品交換が可能な仕様になっています。

仕様

測定範囲 0〜5,000μE 
出力 1.0mVDC at 1.0μE, 最大5000.0mVDC at 5,000.0μE
ノイズレベル ±0.05mV(=±0.05μE)at 0及びF.S.時(S/N比0.001% at F.S.)
計測単位 μE (μmol・S-1・m-2)
プレヒート 6〜14VDC、1mA未満
立上り時間 0.05秒(立下がり0.90秒)
温度特性 0.15%/℃以下
入射角特性 <±2.5% at 0〜80°< ±21% at 80〜90°
回転角特性 アジマスエラー:<±0.5% over 360° at 60°elevation
主要素材 筐体:A5056、被覆:黒アルマイト、拡散板:PTFE
使用温度範囲 -20〜60℃
形状 最大外径φ54mm, 高さ38.6mm
重量 センサー部127g, ケーブル重量120g
ピンアサイン
白/出力+ 黒/出力- 青/電源+ 茶/電源-

標準品・オプション

標準品 MIJ-14PAR弐型:アンプ付き標準品、5mケーブル、取付用ネジM4-30×2付属
オプション MIJ-14CCA-中継ケーブル 5m

参考文献

NEW
Environmental conditions for seed germination and seedling growth of Cinnamomum camphora (Lauraceae): the possibility of regeneration in an abandoned deciduous broad-leaved forest, eastern Japan
NEW
Photosynthetic and Morphological Acclimation to High and Low Light Environments in Petasites japonicus subsp. giganteus 
ハウスミカンの垣根仕立てと開心自然形の垂直プロファイルによる生産構造の比較
Evapotranspiration Model Analysis of Crop Water Use in Plant Factory System
Plant Growth and Fruit Quality of Blueberry in a Controlled Room under Artificial Light
Light reacclimatization of lower leaves in C4 maize canopies grown at two planting densities
異なる屋根形状および屋根面方位がハウス内上部の冬季散乱光量に与える影響
実測に基づく街路樹の植生蒸散モデルに関する研究                    
Responses in gross primary production of Stipa krylovii and Allium polyrhizum to a temporal rainfall in a temperate grassland of Inner Mongolia, China                  
アズマネザサの刈り取りが放棄二次林の林床植生に与える影響
植物工場の栽培環境因子がレタス苗の生理応答に与える影響
ハイワイヤー栽培のトマトにおける光強度,CO2濃度,葉面積および光合成速度の計測による適切なCO2施用位置の考察
二次林下におけるアズマネザサの刈り取りがヤブランとジャノヒゲの生育・着花に及ぼす影響