日射計 MIJ-14RAD弐型/K2-Si (アンプレス、PTCC搭載)

日射計 MIJ-14RAD弐型/K2-Si (アンプレス、PTCC搭載)

特徴

  • ・受動型温度補償回路P.T.C.C.を搭載。±0.01%/℃
    (P.T.C.C.: Passive Temperature Compensation Circuit)
  • ・PTFE製R40の曲面を持つ大型拡散板により、±1.5%入射角特性エラー(0〜79°)
  • ・光学系: SiフォトダイオードS1336-5BK+受光感度調整デバイス+内部乱反射阻止用φ4.0アパチャー
  • ・全ての部品が分解可能で部分修理が出来る設計(バルクヘッドコネクタ除く)
  • 浸水の要因であるケーブル取出部はバルクヘッド防水コネクタを採用。
  • ・水平基台を組込済。3つのネジで水平出し、2つのネジで固定可能
  • ・水平基台内部にモレキュターシーブとシリカゲルを内蔵。交換は底面のネジ3本の脱着で可能

Introduction

光合成は光が重要なパラメーターですが、その呼吸波長に合わせた光の受光特性を持つセンサーが光量子センサーです。これを正しく計測するには、温度特性、入射角特性、波長特性が重要な事項となり、すべてにハイエンドな特性を持つのがMIJ-14です。

日射計 MIJ-14RAD弐型/K2-Si

MIJ-14PAR弐型の日射バージョンです。筐体、内部回路などの仕様は弊社のPAR弐型/K2とほぼ同じですが、受光感度 の波長範囲を日射計測に最適化したSi日射計です。波長に対する受光スペクトル感度の調整を行い、熱型(サーモパイル 型)の日射計と比較したスペクトルエラーを抑制している事が特徴です。また拡散板にはPTFEを採用しており、アクリ ルに比較して紫外線領域までの感度を持ち、その幅は300〜1100nmです。受動型温度補償回路P.T.C.C.を搭載し、温度特性が向上しています。

仕様

測定範囲 0〜2,000W/m2 
出力 代表値10 mV@1000W/m2、校正係数を###.##Wm-2/mVの表現でラベルに記載
温度特性 ±0.01%/℃以下
計測単位 W/m2
応答速度 0.2 μ Sec (90% 応答時間)
入射角特性 <±1.5% at 0〜79°(< -50%Peak at 80〜89°)
回転角特性 アジマスエラー:<±0.5% over 360° at 60°elevation
主要素材 筐体:A5052、被覆:黒&白アルマイト、拡散板:PTFE
使用温度範囲 -40〜80℃
形状 最大外径φ54mm、高さ38.6mm
重量 センサー部127g、ケーブル重量120g
ピンアサイン
白/出力+、黒/出力
校正 Kipp&Zonen CMP21を基準として、ハロゲンランプで二次校正

標準品・オプション

標準品 MIJ-14PAR弐型:アンプ付き標準品、5mケーブル、取付用ネジM4-30×2付属
オプション MIJ-14CCA-中継ケーブル 5m