樹木診断 ピカス

樹木診断: ピカス 樹木内観診断システム PiCUS Sonic Tomograph

弊社では平成16年7月よりピカスの取り扱いを開始しました。
ピカスとは樹木内部を診断する機材でこれまでの樹木診断装置とは比較にならない程インパクトのある結果が得られる装置です。ご存じのように音は、固体>液体>気体というように密度の順に伝わりやすい性質を持っています。音が樹木内部を伝わるときも同様です。健康な部位は密度が高く速度が上がり、腐朽を受けた部位は密度が低く速度が下がります。
PiCUS Sonic Tomographでは、この「腐朽と音の関係」というシンプルな原理を応用することで断層画像を測定しています。

PICUS特徴

・わかりやすい結果 測定結果は画像として出力。腐朽の進行は色で表示するため一目瞭然。

・樹木にやさしい 鉄釘を数cmの深さ打つだけ。ほぼ非破壊。

・樹種を選ばない 幹周1~15mまでと街路樹から巨樹まで測定可能。

・セットアップから測定完了まで約20分(12センサ時)で計測可能。

・断面形状の入力が可能 複雑な断面を持つ樹幹は Free Shape 機能で正確に入力可能。

・パソコン操作 PCを通して操作し、計測データも同時保存。解析や報告書の作成に便利。

・幅広い応用 樹木治療、街路樹管理・公園管理・文化財保護・森林研究など幅広く応用可能。

使用方法

1.樹木のサイズから測点の数を決めるため、目視検査を行います。

2. 3点テストか2点間スキャンにより、樹木の状態をおおまかに調査します。

3. MP の位置を設定し、測定点の全てにクギを打っていきます。

4. 全ての測定点の位置のデータを取ります。

5. 樹木データ(樹種名、測定番号、測定高など)を入力します。樹高はピカスの半自動樹高測定機能を使用して測定します。

6. 樹木にピカスを取り付けます。

7. 電子無線ハンマー(PRHD)で MP 上のクギを打ち、音波調査を行います。

8. 断面画像を読み取ります。

9. ピカスを幹から取り外し、クギも取り外します。

10. パソコンに測定データファイルをダウンロードします。

キャリパー(オプション)

キャリパー使用方法(ビデオの6分50秒からご覧ください)

キャリパーはオプション品ですが必要不可欠なツールになります。
測定ポイントの位置を正確に計測することにより正確な断層画像測定が可能。

・測定レンジ:0 ~ 1630 mm  又は 0 ~ 2150 mm(Extension使用時)
・Bluetoothでの通信が可能。

Sonic Tomograph 仕様

センサー数 6 or 12
測定ポイント数(autarkic mode) ~ 24
測定ポイント数(PCモード) ~ 50
センサーケーブル 3.5m
伝搬時間 1 μm
GPS精度 0 ~ 20 m 
電池容量 2000 mAh
電池電圧 10 V
充電時間 約4時間
サイズ 550×420×130mm
重量 

8.9 kg (case, tomograph, tools , nails)

10.5 kg (case, tomograph, calliper 3, tools , nails)