光合成有効放射センサー MIJ-14PAR弐型アンプ内蔵

光合成有効放射センサー MIJ-14PAR弐型 アンプ内蔵

特徴 

  • ・PTFE製R40の曲面を持つ大型拡散板により、±1.5%入射角特性エラー(0〜80°)を実現

  • ・オートゼロ回路でゼロ点は自動調整し、かつ常時計測値にフィードバック
  • ・Siフォトダイオード+フィルター群を使う場合の劣化問題を解消

  • ・全ての部品が分解可能で部分修理が可能なので長持ち(バルクヘッドコネクタは除く)
     
  • ・浸水の要因であるケーブル取出部はバルクヘッド防水コネクタを採用。

  • ・アンプ内蔵1mVDC at 1μEの出力で、暗い環境でも確度の高い計測が可能
    (暗い環境:
    樹冠内、日の出、日の入り時など)

Introduction

光合成は光が重要なパラメーターですが、その呼吸波長に合わせた光の受光特性を持つセンサーが光量子センサーです。これを正しく計測するには、温度特性、入射角特性、波長特性が重要な事項となり、すべてにハイエンドな特性を持つのがMIJ-14です

水平基台を組込済。3つのネジで水平出し、2つのネジで固定可能

水平基台内部にモレキュラーシーブとシリカゲルを内蔵で交換容易

仕様

測定範囲 0〜5,000μE 
出力 1.0mVDC at 1.0μE, 最大5000.0mVDC at 5,000.0μE
ノイズレベル ±0.05mV(=±0.05μE)at 0及びF.S.時(S/N比0.001% at F.S.)
計測単位 μE (μmol・S-1・m-2)
プレヒート 6〜14VDC、1mA未満
立上り時間 0.05秒(立下がり0.90秒)
温度特性 0.15%/℃以下
入射角特性 <±2.5% at 0〜80°< ±21% at 80〜90°
回転角特性 アジマスエラー:<±0.5% over 360° at 60°elevation
主要素材 筐体:A5056、被覆:黒アルマイト、拡散板:PTFE
使用温度範囲 -20〜60℃
形状 最大外径φ54mm, 高さ38.6mm
重量 センサー部127g, ケーブル重量120g
ピンアサイン
白/出力+ 黒/出力- 青/電源+ 茶/電源-

標準品・オプション

標準品 MIJ-14PAR弐型:アンプ付き標準品、5mケーブル、取付用ネジM4-30×2付属
オプション MIJ-14CCA-中継ケーブル 5m

参考文献