クロロフィル蛍光測定器 (二重変調式) E-FL6000-S/E-FL6000-F

Print Friendly, PDF & Email

PSI社 クロロフィル蛍光測定器 E-FL6000-S/E-FL6000-F

E-FL6000/S特徴

  • ・液相・葉辺を簡易に測定できるスタンダードモデルです。
  • ・ディテクターは、時間分解能(最大4μs)でChl蛍光シグナル測定可能。

    FL6000/Fの特徴

  • ・希薄な混濁液や反応速度の速いサンプルに対応可能な機種
    ・ディテクターは、時間分解能(1μs)でChl蛍光シグナル測定可能
    ・光化学系IIの効果的なアンテナサイズの決定
  • 3種類の光源(オプションで4種類):

         1.測定光: 
              -2-5 μs long
              -レッド-オレンジ(λmax=623nm) 又は ブルー(λmax=460 nm) 

        2.シングルターンオーバー飽和光:
               -20-50 μs long
               -レッド LED (λmax=630 nm)

        3.連続励起光・最大輝度:
               -3,500 μmol(photons).m-2.s-1
               – レッド(λmax=623nm)又は ブルー(λmax=460 nm) 
               -オプション:近赤外線LED (λmax=735 nm) 
                                                (光化学系I用)

  •  
  • 測定パラメータ :

    -PAM, OJIP, QA-reoxidation, S-states, 
    Kautsky Effect, Quenching Analysis

FlourWinソフトウェアについて

  • ユーザーの希望するProtocolに書換え可能で、測定間隔、測定光、シングルターンオーバー、励起光、飽和光の強度、照射時間の設定を決定できます。
     
  • Linear, logarithmic機能でグラフを任意で変更できます。