土壌水分センサー Delta-T-PR2

土壌水分センサーPR2 : DELTA-T社製

組み合わせ例:PR2・HH2

特徴

  • ・精度±3%、再現性1%を実現

  • ・PR2/4とPR2/6の2種類
     測定範囲:
           -PR2/4は10、20、30、40cm深さでの合計4点
           -PR2/6は10、20、30、40、60、100cm深さでの合計6点
                    

  • ・粘土や塩分の高い土壌を含め、全ての土壌に使用可能

  • ・移動測定にも、定点観測用のデータロギングシステムとしても使えます

  • HH2データロガーと直接接続することが可能

概要
PR2は、ThetaProbeのマルチ アレータイプでPR2の設計においては、ThetaProbeのADR法を採用してい ます。新しいPR2プロファイルブローブでは土壌の水分含有率のプロファイルを簡単・正確に測定できます。

PR2はPR1プロファイルプローブで困難であった粘土質の高い土壌や塩分土壌のような難しい土壌でも安定し た計測結果を出せる様に設計されています。

TheataProbeの動作原理
PR2とML2xの測定原理は同じADR法に基づいています。プローブは、土壌の誘電特性に反応して水分量を感知 します。水は≒81の誘電定数を持ち、一方土壌粒子のそれは≒4,空気は≒lです。

ADR法は土壌水分の変化に非 常に敏感で、その土壌の密度や成分に余り影響されません。delta-Tでは100MHzの高周波帯で検出していますので、塩分、温度の変動による影響をほとんど受けません。ML2xではロッドアレーを用いますが、PR2では一対 のステンレスリングを用いています。

アクセスチューブ&オーガ
専用のアクセスチューブは、土壌水分測定の精度を最高にする為に厳重な公差で製作されていますが、掘削孔 にハンマーで挿入できる程頑丈な強度も兼ね備えています。
正確な測定の為にはアクセスチューブと土壌との エア−ギャップを最小にしなければなりません。

専用オーガー、は正確な径(通常25mm)で、鉛直に縦穴を掘る事が可能なツールとして使用可能。
PR2/4にはATS1アクセスチューブショート、PR2/6にはATL1アクセスチューブを使用 します。

アクセスチューブ(PR2/4 or PR2/6) オーガ

PR2 仕様

型式名 PR2/4及びPR2/6
測定単位 体積含水率θV(m3/m3もしくは%vol.)
測定範囲 0.0〜1.0m3/m3(精度補償範囲は0〜0.4m3/m3
精度 ±0.04m3/m3
(0.0〜0.4m3/m3,0〜40℃の範囲において土壌毎の個別校正を行った場合)
±0.06m3/m3
(0.0〜0.4m3/m3,0〜40℃の範囲において個別校正を行わない場合)
塩分誤差 上記精度に含んでいます。(50 to 400mS/m、0.5 to 4dS/m)
感度範囲 垂直方向:各ペアのリングから±50mm以内において感度の95%
水平方向:半径100mm以内において総感度の95%
温度範囲 −20〜70℃で測定可能(推奨範囲は0〜40℃)
応答速度 1秒以内。(測定時の給電時間は1秒以上を推奨)
供給電圧 DC9〜12V
消費電力 PR2/4:<80mA
PR2/6:<120mA 
出力電圧 DC0.0〜1.0V(鉱物質土壌で校正した場合の0〜0.6m3/m3に相当)
ケーブル φ25.4mmポリカーボネイト、SUS304
サイズ・重量 PR2/4長さ:750mm,重量:0.6kg
PR2/6長さ:1350mm, 重量:0.9kg