蛍光消失時間式酸素センサー

蛍光式酸素センサー:Witrox用

Witrox 1

Witrox 4

Dipping Probe 浸漬型酸素センサー(プローブ)

Dipping Probeは、浸漬プローブタイプです。一端が酸素に敏感な箔でコーティングされたポリマー光ファイバーで構成されています。プローブを直接容器に入れ込み酸素濃度を計測するのに便利です。鋼管の外径は4mm、長さは10cmです。ポリマー光ファイバーを使用しているため、+ 70°Cまでの温度に対応します。

特徴

・長期安定
・耐圧性(Max 5bar)
膜の洗浄や交換は必要なし
電解液の補充不要

フロースルー式酸素センサー(光ファイバー別売)

フロースルー式酸素ミニセンサーは別売りのファイバーケーブルと併用して使用する必要があります。再利用可能な酸素センサーは、長期安定性を備えています。エタノールまたはETOで洗浄し、再校正して、何度も繰り返し使用可能です。

特徴

・長期安定
膜の洗浄や交換は必要なし
電解液の補充不要

Sensor spots:センサースポット

センサースポットは、非接触式酸素センサーとして様々な用途で使用可能。

2typeのセンサースポット
・ポリエステルベース(オートクレープ不可)
・ガラスベース(オートクレーブ可)

スポットの赤い面は、透明なガラスやプラスチックの容器の内面に取り付けることが可能。
スピナーフラスコ、チューブ、ペトリ皿や培養容器と幅広い容器に使用可能。

特徴

・長期安定
取扱いが簡単
・酸素消費なし
・液相、気相中の酸素測定可能

Fiber cable:ファイバーケーブル 先端:Bare or SMA

蛍光消失時間式酸素計(Witrox)とセンサースポット間の光ガイドとしてこのファイバーケーブルが必要になります。
SMAコネクタが―片側または両端にあるものから選択可能。

特徴

・センサースポットと併用することにより、非接触測定を可能にします
・ケーブル2.5m
・外径2mm