藻類培養装置 E-MC1000

PSI社製 マルチ培養装置 E-MC1000

Multi-Cultivator E-MC 1000-ODは、藻類、シアノバクテリア、植物細胞などの光合成生物の小規模なスクリーニング実験を目的として開発されました。
従属栄養細菌や酵母
さまざまな生物、変異体、または培養条件での比較研究が実現可能になります。

特徴

・独立栄養微生物と従属栄養微生物の培養

・8つの独立した試験管で並行または多変量スクリーニング実験

・各試験管での独立したLED照明とODモニタリング
   (680および720 nm 標準白色LED照明)

・マルチバージョンまたはミックスバージョンのカラーイルミネーション(最大8色)

・各培養スロットで均一な温度と曝気制御を実現

・様々な培養が可能(バッチ、静穏など)

幅広い研究フィールドでの使用が可能

光合成の研究
・教育
・藻類学
・海洋学
・バイオテクノロジー

E-MC1000は3タイプ

標準、マルチ、ミックスの3つのバージョン:それぞれのバージョンでの違いは、LEDの組み合わせ方のみ。

E-MC1000-OD

・標準の単色バージョンで標準はクールホワイト

・単色デバイスバージョンのオプションの色:
 -ウォームホワイト、
 -レッド:635 nm
 -ブルー:470 nm

・最大1.000µmol.m-2.s-1の照度
   (オプションで最大2.500 µmol.m-2.s-1

E-MC1000-MULTI

・各チューブが異なる波長を放射します。

・使用可能な色(単色スロット):
   -UV-バイオレット:405 nm
   –ロイヤルブルー:450 nm
   -ブルー:470 nm
   -ウォームホワイト
   -グリーン:540 nm
   -イエローオレンジ:590 nm
   -ディープレッド:660 nm
   -ファーレッド:730nm

・1.000 µmol.m-2.s-1までの照度。

E-MC1000-MIX

・各スロット内で最大8つの異なるLEDを組み合わせ可。

・使用可能な色(混合色スロット):
   -UV-バイオレット:405 nm
   -ロイヤルブルー:450 nm
   -ブルー:475 nm
   -ウォームホワイト×2
   -グリーン:530 nm
   -レッドオレンジ:615 nm
   -ディープレッド660 nm
   -ファーレッド:730nm

・最大2.500µmol.m-2.s-1の照度
(各色/スロットで300 µmol.m-2.s-1)。

Test Tube

・本数:8本 容量:80ml 径:27mm

・曝気入力と廃棄物出力を備えたシリコーンストッパー付属
(標準付属品:ガラス製 オプション:
ステンレス製)

・オートクレーブ可能

・試験管からの媒体蒸発の増加を回避するために、散布空気を湿らせる加湿機能装備

・オプションで曝気管を介した培養サンプリング用の3方向サンプリングバルブの仕様が可能
(オートクレーブ不可)

Test Tube

シリコンストッパー

温度調節機能

・8本の試験管が直接入れることが可能な温度調節可能なウォーターバス

・温度範囲:
 -
常温より5~10℃高い温度~ 60°C
 -
オプションの冷却ユニットAC-710を使用することで1560°Cでの調節可能

・高温、長期の培養には自動で水を補充するためのPWMポンプを使用を推奨します(オプション)。

PWM ポンプ

光システム

・光度、タイミング、変調は、各テストチューブで個別に調整可能

・最大1.000µmol.m-2.s-1の照明
(オプションで、ライトアップグレードで最大2.500 µmol.m-2.s-1クールホワイトバージョンのみ)

・一定の光条件または明暗サイクルの選択が可能

・サイクルの期間:秒から数日までの範囲

・培養サンプルが外光の影響を受けないようにする保護フロントカバー装備

保護カバー装着した状態

曝気システム

曝気システムは、培養サンプルに空気/ CO2供給を提供します。

空気源:ポンプを通して約1.100ml /min。

空気を各試験管に供給する手動調整可能なバルブマニホールドを装備。

曝気がOD測定に干渉しないように、OD測定中に曝気が自動的に中断されます。

オプションで、Multi-Cultivatorは、必要なガスの正確な濃度と流量を供給するガス混合システムGMS150にリンク可能。

GMS150

ODモニタリング

・OD680nm及び720nmは、各テストチューブに対して自動かつ独立して測定されます。

・測定の光路は27mm

・OD720は粒子上の光散乱を測定し、バイオマス成長の代用として機能しますが、OD680はクロロフィル吸収に関連しており、クロロフィル濃度の推定に使用可能。

・光学濃度は定期的に測定され、データはの内部メモリに保存されます。保存されたデータは、後でPCにダウンロードしてグラフで表示したり、ODViewプログラムを介してTXTまたはExcelファイルにエクスポートが可能。

・Photobioreactor Control Software(オプション)により、記録されたデータをリアルタイムでリモートオンラインで視覚化できます。このソフトウェアを使用すると、ODデータをさまざまな回帰関数に適合させ、実際の成長率の評価を容易にすることができます。

OD View

静穏培養

濁度モジュール(オプション):各容器のOD680またはOD720を介してバイオマス濃度(濁度)を個別に制御します。
OD
は、実験の目的に応じて、一定のレベルまたはユーザーによる事前設定された範囲内に維持可能。

蠕動ポンプの供給流量は0.250 ml / minで、各テストチューブで個別に調整可能。
各テストチューブに1つの中型リザーバーのみを使用できます。

培養液量は、パッシブメディアオーバーフローによって一定に保たれます。

Turbidostaticモジュールを操作するには、Photobioreactor ControlSoftwareを注文する必要があります。

Turbidostat E-TS-1000