MIJ01データロガーのメインページに戻る
ここはMIJ-01 Data Loggerを使い倒す方用の資料置き場です。Wiring Info.で配線を確認いただき、設定ファイル(esf)をELOG上で確認して頂くというページです。要するに配線してロガーを設定して運用する流れのお手伝いです。「このセンサーの場合はこうするのね!!」と理解できるはずです。配線、設定、設置を可能な限り自分でやるメリットは、トラブル時、応用時の対処が早い。ってことになります。こういうセンサー持ってるんだけど、どうかなあ?というリクエストも可能な限り応じますが、現物を使って弊社で動作確認を完了するまではここでの公開はしません。


番号
Setting Number

測定項目
Measurement Parameter

接続するセンサー
Sensor Name

ELOGの設定ファイル
Setting File for ELOG

配線の説明
Wiring Info. (.pdf)

備考
Notes

センサーへのリンク
1 温度 熱電対
T, K, J,S,E
ThermoTtype.esf Thermocp.pdf 熱電対は熱容量が小さいので応答速度の面では無敵、でもただの電線といえばそうなので、安価な温度センサーです。普通は100m巻で買って、自分で接点を作って使います。精度、耐久性の限界が低いです。 二宮
2 温度 白金
pt100
Pt100.esf Pt100.pdf 高精度、長期間安定の温度センサーです。デメリットは値段と応答速度、めんどくささ。 リンクしません。メーカーが多々あり過ぎて。
3 温度 IC温度計
MIJ-LTP
Diff接続
SE接続
LTP-DIFF.esf

LTP-SE.esf
LTP.pdf 高精度、長期間安定の温度センサーです。出力の直線性が高く、周辺部品が無くても簡単に使える温度センサーです。 MIJ-LTP
4 土壌水分、温度 Delta-T ML3
Diff接続
ML3.esf ML3.pdf ±1%VWCと高精度。唯一無二。土壌水分と地温を同時に計測するセンサーです。 ML3
5 土壌水分、温度 Delta-T SM300
Diff接続
SM300.esf SM300.pdf 土壌水分と地温を同時に計測するセンサーです。VWCだけ見てもSM150より精度が上です。 SM300
6 土壌水分 Delta-T SM150
Diff接続
SM150DIFF.esf SM150.pdf 長期間安定して、安価に土壌水分の計測を行うにはこのセンサー。 SM150
7 土壌水分 Delta-T SM150
SE接続
SM150SE.esf SM150.pdf 0-1V出力なので、SE接続で十分です。多少めんどくさい。 SM150
8 土壌水分 DECAGON EC5
SEその1
EC5SE1.esf EC5Wire.pdf SE入力チャンネル1個飛ばしで、プレヒート端子基準で接続する簡易な方法。 EC5
9 土壌水分 DECAGON EC5
SEその2
EC5SE2.esf EC5Wire.pdf SEチャンネル飛ばさず接続する若干めんどくさい方法 EC5
10 土壌水分 ARP WD-3
SEその1
WD3-8.esf WD3Wire.pdf SE入力チャンネル1個飛ばしで、プレヒート端子基準で接続する簡易な方法。 ARP
11 土壌水分 ARP WD-3
SEその2
WD3-16.esf WD3Wire.pdf SEチャンネル飛ばさず接続する若干めんどくさい方法 ARP
12 土壌水分プロファイル Delta-T PR2/6
Diff接続
PR26DIFF.esf PR2DIFF.pdf 土壌水分プロファイルプローブDIFF接続
ケーブル25m越、ノイズ源近いなどの場合
PR2/6 and PR2/4
13 土壌水分プロファイル Delta-T PR2/6
SE接続
PR26SE.esf PR2SE.pdf 土壌水分プロファイルプローブSE接続
通常はこちら
PR2/6 and PR2/4
14 圧力 水位センサー全般
土壌pFセンサー
(MIJ-10テンシオメータ)
大気圧センサー全般
MIJ10pF.esf Pressuresensor.pdf SE出力なので、オフセットした出力が出てくる仕様が多いです。メーカー問わず仕様が似ているので、全般で説明しました。 MIJ10
15 AWS-α
風速、風向、雨量、気温、湿度
複合気象センサー
Valsala WXT520
WXT520.esf WXT520.pdf 風速、気温、湿度、雨量をお手軽設置で計測できるセンサー。価格はあまりお手軽ではないです。AWSに必修な日射センサーは残念ながら含まれないので、別途準備してDIFF接続で運用しましょう。 WXT520
16 日射、PAR 日射センサー全般
PARセンサー全般
Lightsensor.esf Lightsensor.pdf 光関係は、最大出力でも10mV程度のセンサーが多く、1μV分解能のDIFF15mVが活躍します。 MIJ14PAR弐型
MIJ14RAD弐型
17 温湿度 Delta-Ohm
HD9817T1-1.5m
HD9817T1.esf HD9817T1.pdf 温度、湿度共にアナログ0-1V出力。消費電流2mA。湿度精度2%。温度精度±0.35℃。1.5mケーブル。一般用途ではこれで十分です。 HD9817T1
18 温湿度 Valsala HMP155
A2GB11A0A1A1A0A
HMP155A.esf HMP155A.pdf 温度、湿度共にアナログ0-1V出力。消費電流3mA。湿度精度1%。3.5mケーブル。高いセンサーなんですけど、メーカーによる多点校正をがんばっただけ、スペックに結果が出ています。 HMP155A
19 土壌酸素 EMJ MIJ-03 Soil Oxygen sensor MIJ03SoilOxygen.esf MIJ03.pdf 土壌の酸素を計測する専用のセンサーとして唯一無二。 MIJ03
20 風向、風速 YOUNG 05103
風向/ポテンショ、風速/ACサイン波、ロガー依存仕様
YOUNG05103.esf YOUNG05103.pdf 風速はAC波、風向は抵抗。原始的、スタンダードな風向風速計。電気を食わないのと低価格がメリット。 RM.YOUNG
21 風向、風速 YOUNG 05103V
風速/電圧、風向/電圧、プレヒート仕様
YOUNG05103V.esf YOUNG05103V.pdf 風速、風向ともに電圧出力。fV変換とRV変換器が搭載された風向風速計。だから多少電気を食います。変換器分お高いので上記をお奨めします。 RM.YOUNG
22 雨量 竹田計器工業
TKF-1(0.5mm)、TKF-2(1mm)、
などなど
RainGauge.esf Raingauge.pdf 世界各国、獅子脅しタイプの雨量計は多種在りますが、接点が何回メイクされたかをカウントするというのは万国共通な仕様のようです。 竹田計器工業
23 結露、霜降 DECAGON LWSなど LWSSE1.esf
LWSSE2.esf
LWS.pdf 様々なLeaf Wetness Sensorが存在しますが、結露の検出に抵抗値の変化や、含水率の変化を見るというタイプが多いです。葉の結露を目的にすることが多いので、葉の形をしていたりします。 LWS
24 デンドロメータ EMJ MIJ-02.2 Dendrometer MIJ02.2-08.esf
MIJ02.2-16.esf
MIJ02.2.pdf ロングストローク型電気記録式デンドロメーター。 MIJ02
25 デンドロメータ Ecomatik Ecomatik.esf Ecomatik.pdf ショートストローク型電気記録式デンドロメーター。 Ecomatik