修理申込手順
1. お使いの分析計を当社宛にご郵送下さい。
2. 診断書、御見積書、納期をお知らせいたします。
3. 了解いただけた場合、修理&調整を実施、組上げ後当社にて動作テスト、合格したものをご返送差し上げます。
4. 了解いただけない場合、料金着払いにて返送させていただきます。
注意1:郵送の際は納品時に付属する段ボールあるいはそれに相当する頑丈な箱に十分な梱包材を詰めて下さい。
注意2:LI-COR製品は30年ほど日本国内で使用されておりますので、当社経由での購入品に限定しない方針です。
注意3:セル清掃、薬剤交換のみの場合でも動作テストに時間がかかります。メンテナンス実施の場合、最低約2週間を目安にして下さい。
また交換部品の入手にお時間を頂くことがございます。

郵送先:日本環境計測株式会社
〒818-0061福岡県筑紫野市紫6-5-1
電話&FAX:092-920-1067
katayama@environment.co.jp

自分でできるメンテナンス情報を載せています。参考にして下さい。

メンテナンスの実例
1. LI-6251の場合

ディテクターボトル薬品交換

分解/基板のチェックポートを全て点検

チョッパーモーター部

電源基板点検(この個体では不良パーツの交換を要しました。)

アナライザーとメイン基板

ディテクタ点検

アナライザー分解
セル内部点検(海洋関係使用ではトラブル多し)

チョッパーモーター(この個体は約1年の運転時間を経過しており、モータの交換を要しました。)
モーターはスイスより調達しています。

IRGAソース 全ての不良個所を点検整備・必要に応じてパーツ交換いたします。

2. LI-6400の場合

この個体の場合、写真中央部のトランジスタが焼け溶けてしまっておりました。

サンプルセルの解剖写真