Imported productsに戻る

2006年11月末、英国Technologica製品の取扱を開始しました。
cfImagerはEssex大学のNeil Baker教授監修の元に開発・設計された2次元蛍光測定器のハイエンドモデルです。既存の仕様では対応できないレベルの研究用途に向いています。
日本語pdfカタログ
英文詳細資料

お問合せはこちらまで
Technologicaリンク


照射光量は6,000umol foton m-2s-1(他機種の約3倍)。LEDパネルは16枚。様々な角度で配置でき、照射均一性は±2%以下(120×170mm)を実現しています。

サンプルステージとLED間の距離調節が可能です。本体内部スペースが極めて広く、数日間もしくは数週間の生育過程を連続して計測可能です。

機能豊富なソフトウエアを準備。96連結プレートの区切位置を設定し、各コロニーを認識、解析を行なえます。
120×170mmの測定エリアを誇ります。このサイズはCostar 3542 24 well cell culture cluster、BD Falcon plates 24 well 351147、NUNC Denmark 96 plates等の96連結プレートをそのまま測定することが可能です。

フレームレートは16fptで、より微細な速い反応も見逃す事なく捕らえます。

AVT Dolphin SXGA(詳細はこちら)とTamron高解像度100 mmレンズ(詳細はこちら)を採用。SXGA (1280×1,024 pixels)の高解像度、2/3インチCCDプログレッシブスキャンによる高速度撮影、16fptの性能です。

145万ピクセルの高解像度で、アラビなどの小さな測定対象でも測定可能です。

4面のサイドパネルは全て脱着可能です。LI-6400やGFS3000等のチャンバーを本体内部に設置した測定も可能になります。

PWM制御のBlue LEDは、早い立上がり時間と長期間連続使用に対応します。

<仕様>
光源
光源制御方式
最大光量
解像度
CCD
ソフトウェア
ステージ
壁面構造
外形寸法
内容積
サンプル高の制約
重量
動作温度範囲
動作湿度範囲
電源
Blue LED 470 nm、100個/パネル、パネル16枚
PWM方式(ソフトウェア制御)
6,000 μmol/ m-2/s-1 (飽和光)
±2% (120×170mmの範囲)
SXGA (1280×1,024 pixels)
2/3インチCCDプログレッシブスキャン
Fluorimager Two
120×170mm、20mmスパンで調整可能
250×250mmパネルを4面取外し可能
高さ580mm、幅450mm、奥行き450mm
85,000 cm3
120mm
24 kg
0〜40℃(保管温度-40〜70℃)
5〜95%(凝結しないこと)
85-264 VAC, 47-440 Hz, 2〜3A (最大40A)

cfImagerを使った論文リスト

Barbagallo RP et al. (2003) Rapid, Noninvasive Screening for Perturbations of Metabolism
and Plant Growth Using Chlorophyll Fluorescence Imaging. Plant Physiol., 132, 485-493

Fryer MJ et al. (2003) Control of ascorbate peroxidase 2 expression by hydrogen peroxide and
leaf water status during excess light stress reveals a functional organisation of Arabidopsis
leaves. The Plant Journal, 33, 691-705

Lawson et al. (2002) Response of photosynthetic electron transport in stomatal guard cells
and mesophyll cells in intact leaves to light, CO2 and humidity. Plant Physiol 128: 1-11.

Baker NR et al. (2001) High resolution imaging of photosynthetic activities of tissues, cells and
chloroplasts in leaves. J Exp Bot, 52, 615-621.

Leipner J et al. (2001) Primary sites of ozone-induced perturbations of photosynthesis in
leaves: Identification and characterisation in Phaseolus vulgaris using high resolution
chlorophyll fluorescence imaging. J Exp Bot, 52, 1-8

Oxborough K et al. (2000) In situ measurement of photosynthetic performance of individual
microphytobenthic cells using high-resolution imaging of chlorophyll a fluorescence.
Limnology and Oceanography, 45, 1420-1425.



お問合せはこちらまで
Imported productsに戻る