Imported productsに戻る

オプティ社はクロロフィル蛍光測定の老舗で、ドイツのWALZ、米国のオプティとして日本でも古くから親しまれているメーカーです。

Optiscience社製品について

長年、クロロフィル蛍光測定器として評価頂いているオプティサイエンス社には、代表的なOS-30p,OS1-FL,OS-5pの3機種があります。よくご質問頂く、それぞれの機種の性能と代表的な測定例についてご説明いたします。

* OS-30pは、簡易・携帯型の機種です。
測定結果としてFo,Fm,Fv,Fv/Fmのパラメーターが得られます。ただし、飽和光はカタログスペック上では3,000μフォトンまで調整可能と書いてありますが、最大でも1,000μ位だと思います。数個の赤色LEDで照射をしています。オプションのOJIP機能を追加すればAfterPulseを焚く事も出来ますが、任意のタイミングでの照射は出来ません。多点測定に向いている機種だと思いますので、過酷な環境でお使い下さい。電源は充電式内部電池内蔵で、メモリー容量も8,000データ保存可能です。携帯型クロロフィル蛍光測定器は、他メーカーからも何機種か販売されています。測定精度、能力に大きな違いはありませんが、本体LCD画面上でKineticsを見る事が出来ます。これにより計算された数値ではない、生データで変動を認識する事が出来ます。また付属リーフクリップで事前に暗処理を施す事が出来るのも利点だと思います。

* OS1-FLは、Walz社のMINI-PAMと同位機種になります。
測定結果は、Fo,Fm,Fv,Fv/Fm,NPQ,Qn,Qpのパラメーターが得られます。電子伝達速度ETRはオプションで対応可能です。飽和光もハロゲン光源で15,000μフォトン、これもMINI-PAMと同じです。ではMINI-PAMとどこが違うのかというと、ソフトからのコントロールの有無ですね。Walz社にはWincontrolという完成されたソフトウエアがあります。(反面、プログラムが固定されていてユーザーが変更できる部分が少ないですね!)OS1-FLは、データ回収用のソフトはありますが、ソフトからの操作は出来ません。あくまでも屋外で測定を単体で完結できるようなシステムを目指しています。実際の話、ワルツのユーザーさんで初期設定のプログラムだけで測定をしている現場の方が多いです。研究室独自でプログラムを設定している所の方が稀だと感じます。それであれば本体のカーソルでプログラムを指定して測定を行うのと大差ないので、OS1-FLでも充分その能力はあると思います。その分価格も安いです!ミニパムの2/3の130万円で購入する事が出来ます。

* OS-5pは、オプティ社の最新機種です。
開発のターゲットはPAM2100を上回ろうという意気込みで設計しました。測定パラメーターは前出のOS1-FLと基本的に同じです。

特徴は、豊富な種類の光源になります。ハロゲン光源、LED光源、Far Red、と3種類の測定光を有しています。特徴的なのは450nm青色LEDと660nm赤色LEDの測定光です。サンプルによって、どちらかの波長を決めて測定を行う事ができます。これは、測定の可能性を広げる事に繋がるのではと期待しております。波長特性によりサンプルの活性能力を引き出してあげる事が可能ではと考えます。

また飽和・励起光をハロゲン・LED光源のどちらからか選ぶ事も可能です。光源の組み合わせにより多様性のある実験が行えます。青色LEDで気孔開閉を促し、高い強度の光源でMaxの反応を読み取る事も可能です。

価格もPAM2100よりグンとお安く250万円でフル装備ついてきます。これもLab用ではなく、屋外で使用する用途で設計されております。メーカー名だけで購入せずに、使用用途と仕様内容を吟味されたらお買い得だとご理解頂けるかと思います。

是非、使用条件など一度ご相談下さい。クロロフィル測定の専門スタッフが常駐している会社は弊社だけですので!一度お試し頂ければ充分な能力を有しているのを実感して頂けます。

お問合せはこちらまで


携帯型蛍光測定装置OS-30 これは推薦できます。屋外に持ち出せて片手で操作できる安価な蛍光測定装置です。
携帯型GFP測定装置GFP-Meter GFPの測定に特化した機種です。
携帯型蛍光測定装置OS-1p OS30pの上位機種です。飽和光11,000 uE、多岐に渡る測定パラメータが特徴です。
携帯型蛍光測定装置OS-5p OptiScience社最上位機種です。飽和光はハロゲン(Max15,000μE)、励起光はLED(Max4,500μE)、測定光も2チャンネル660nm、450nmLEDから選択可能。Walz社PAM2100より高度な測定に対応。

携帯型蛍光測定装置OS-30p
OS-30p・pdfカタログ
何処が良いかというと、性能、サイズ、価格のバランスです。従来、屋外で使う気になれるクロロフィル蛍光測定器って見あたらなかったんですが、OS-30pはコニカミノルタのSPAD502の小ささにはかなわないまでも十分に小さく、性能も十分です。連続稼働8時間も多くの場合事足りるでしょう。グラフまで書いてしまいますがこれは愛嬌。現場で活躍するリサーチャーにお奨めします。精密農業ジャンルでも費用対効果を満たせるのではと考えております。

防水能と強度が高いペリカンケースに一式を詰め込みました。落としても平気かもしれません。(テストする勇気はなかったです。)現場で使いやすくしたかったので、日本仕様のみこういうスタイルで納品しています。 シャッター付きリーフクリップは標準で10個付属しますので、多数点にあらかじめセットしておき暗処理後、一気に測定するという手順が踏めます。写真のように片手で操作も可能ですが、手が小さい方には正直難しいです。 シャッター付きリーフクリップで計測部分を暗処理した後、OS-30p背面にある導光管を差し込んで計測します。操作も簡単なので一度覚えたらマニュアルを持ち歩かなくても大丈夫です。表現するとボタンをピッピと押すだけです。

 
グラフ表示が可能です。と言うより勝手に表示します。有効な測定かどうかの確認を現場で行いやすくする配慮です。果たして、フィールドユーズを前提とした蛍光測定装置にバックライトが必要なのかは謎です。 ケース込みで約1キロです。蛍光測定装置としては小型軽量です。何処にでも持ち運んでください。何故かこのケースは季節によって入手困難になります。ケース仕様が若干変わることがございますがご理解くださいますようお願いいたします。  


<概要>
Opti-Sciences(オプティサイエンス)社のPulse-Modulate方式は、強力な光源を必要としない事が特徴です。その特徴を生かしたフィールド向け携帯型クロロフィル蛍光測定機器OS-30が従来ございました。ここでご紹介するのは、その改良型であるOS-30pです。旧型の特徴である小型、軽量、低価格というコンセプトを引き継いだまま信頼性、耐久性の向上と測定パラメータを増加させました。
<特徴>
○Opti-Science社独自のPulse-Modulated方式による再現性の高い蛍光測定。
○測定項目はFv/Fm、Kinetics、OJIP (Option)、Light Adapted Yield measurement (Option)
○小型、軽量、簡単操作。測定時間は8時間以上、記憶データ数8,190以上、屋外での活用を前提とした設計です 。
○リーフクリップ、充電器、ソフトウェア、シリアルケーブル、ケースなど必要なもの全てをパッケージ。
○クロロフィル蛍光測定機器としては低価格(MINI-PAMの約1/3)なので、研究用途のみならず精密農業ジャンルでも活用できます。
<仕様>
測定項目
光源
検出器
サンプリング
計測時間
内蔵メモリー
電源持続時間
ディスプレイ
サイズ
本体重量
付属品
  
Fv/Fm, kinetics, OJIP(オプション), Light Adapted Yield Measurement (オプション)
LED(ピーク波長660nm、赤色)、調整範囲は0.06〜0.5uEの範囲で任意。
PINフォトダイオード+バンドパスフィルター700〜750nm
10〜30,000回/秒(自動可変)
2〜255秒(任意設定)
512kb RAM。(測定回数8,190回に相当)
内蔵充電式バッテリー満充電時8時間以上
128×64ドット、バックライト付き、グラフ描画機能付き
180×70×60 mm
0.5 kg(ケース込み時は約1Kg)
AC100V対応充電器、防水ケース、暗処理シャッター付きリーフクリップ、
Windows対応データ回収ソフトウェア、日本語マニュアル、PC接続用シリアルケーブル

お問合せはこちらまで
Imported productsに戻る